にこやかな表情のリード・ヘイスティングスCEOと山里亮太

写真拡大

 9月1日のジャパンローンチパーティでサービス開始が前倒しされたアメリカ発のインターネット映像配信サービス「Netflix」が2日、中央区・ソフトバンク銀座でサービス開始記念イベントを開催。リード・ヘイスティングス最高経営責任者が、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太をゲストに迎え、トークを繰り広げた。

 Netflixと業務提携を結んでいるソフトバンクではこの日から、同社の携帯電話または光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」利用者が、Netflixの利用料金をソフトバンクの通信料金とまとめて支払うことができるサービスを開始する。イベントでは、販売員が山里の携帯電話を実際に使用して操作方法を説明。仕事で移動が多いという山里は、「手元に映画館を持ち歩ける。うれしいシステムです」と目を輝かせた。

 世界50カ国以上で6500万人を超える会員を抱えるNetflixは、多数の長編映画やテレビドラマを配信するだけでなく、マーベルコミックを原作に盲目のヒーローの活躍を描く「デアデビル」や、ウォシャウスキー姉弟が製作したSFアクション大作「センス8」といったオリジナルドラマを積極的に製作することで人気を博すが、日本オリジナルコンテンツとして、山里が出演する人気リアリティ番組「テラスハウス」の新シーズン「TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY」も配信開始されており、Netflixの日本支社で撮影されたというその冒頭部分が上映された。山里は、「日本のバラエティ番組で真っ先に白羽の矢が立ったんですよ。すげえパワーアップしています」と出来ばえに自信を見せた。

 山里のトークの最中に登場したヘイスティングス氏は、「すばらしい作品づくりにはお金がかかる。山ちゃんにNetflix社の命運がかかっています」と告げ、山里にNetflixの永久会員権をプレゼント。山里は「昨日契約しちゃったよ!」と叫ぶも、サプライズに感激しきりで、「(Netflixの盛り上げに関しては『火花』がNetflixで映像化される)『ピース』の又吉を何とかします」と返答し、会場の笑いを誘った。イベントの最後には、両者はがっちり握手。山里は「何かの契約みたい。俺も本書いたら、映像化してくれそうだな」と期待を膨らませていた。

 Netflixは、画質や同時視聴できるストリーミング数に応じて、ベーシックプラン(月額650円税抜)、スタンダードプラン(月額950円税抜)、プレミアムプラン(月額1450円税抜)の3つの月額利用料金プランが選択可能となっている。