6月6日にスタートしたJRAの2歳戦線。早くも何頭かの"スター候補"がデビューしたが、それら2歳馬たちの父である「種牡馬」の成績に目を向けると、ダイワメジャーが好調だ。8月26日現在(以下同)で、52頭の産駒がデビューして13勝をマーク。2歳の種牡馬ランキングでトップを走っている。

 だが、今年の2歳戦線において、それ以上に注目すべき種牡馬がいる。ディープインパクト(以下、ディープ)である。はや50頭を超える馬がデビューしているダイワメジャーに対して、ディープの子はまだ22頭しかデビューしていないにもかかわらず、すでに10勝(2勝馬が一頭)を挙げているのだ。

 デビューした馬の「勝馬率(勝馬頭数÷出走頭数)」で比べてみても、ダイワメジャーの25%に対し、ディープは40.9%。そこには歴然とした差がある。2歳戦でディープ産駒が出てきたら、ほぼ「鉄板」と言ってもいいほどだ。

 もちろん、種牡馬ディープのすごさは、何も今になって始まったことではない。2007年から種牡馬入りしたGI7勝の「英雄」は、父となってからも格別の資質を見せつけている。

 産駒がデビューして3年目となる2012年から、種牡馬ランキングトップを独走。数多くの産駒がGIタイトルを手にして、最高峰の舞台となる日本ダービー(東京・芝2400m)においても、2012年のディープブリランテ、2013年のキズナと、2頭の勝ち馬を出している。自身の父であり、日本競馬に変革を起こした大種牡馬、サンデーサイレンスに匹敵、もしくはそれ以上の成績を収めているのだ。

 それでも、種牡馬ディープが本当に真価を発揮するのは、「今年から」だと考えられる。それには、種牡馬のサイクルが関係している。

 2007年に初めて種付けを開始したディープ。その「初年度産駒」がデビューしたのは、3年後の2010年夏以降だった。もちろん、ディープはその間も毎年多数の繁殖牝馬と種付けしているが、2010年の春までは、ディープ産駒がどのくらい走るのかわからない状況だった。

 これは、どの新種牡馬にも言えることで、産駒がデビューするまでの序盤4シーズンの種付けは、生産者にとって「半信半疑」といっても過言ではない。しかも「名馬が名種牡馬になる」とは限らないのがこの世界である。実際、ディープインパクトの種付け頭数を見ると、初年度(2007年)は215頭、2年目(2008年)は232頭と増えたものの、3年目(2009年)は種付け料が200万円下がりながら171頭に減少。4年目(2010年)の春は、種付け料がさらに100万円下がったにもかかわらず、219頭と2年目には及ばなかった(他の種牡馬と比べれば、種付け頭数が多いことに変わりはないが)。

 しかし、2010年の夏以降にディープの子がデビューし始めると、産駒が驚異的な活躍を見せた。2歳新種牡馬のさまざまな記録を塗り替えていったのだ。それに合わせて、5年目(2011年)の種付け頭数は、229頭に増えた。

 そして、さらに圧巻だったのは、初年度産駒がクラシックを迎える2011年。マルセリーナが牝馬クラシックの桜花賞(阪神・芝1600m)を快勝し、リアルインパクトが古馬相手に安田記念(東京・芝1600m)を制して、2頭のGI馬が誕生した。加えて、夏以降には2世代目の産駒がデビューし、2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を、ジョワドヴィーヴルが制覇。産駒デビュー2年目で、早くも3頭ものGI馬を出したのだ。

 2世代目はジョワドヴィーヴルに限らず、牡馬勢も活躍。ディープブリランテとアダムスピークが、デビューから無傷のまま「クラシック登竜門」となる重賞制覇を成し遂げた。そうした将来有望な2歳馬が次々に登場したため、父ディープへの期待はさらに高まった。おかげで、6年目(2012年)の種付け頭数は、246頭にまで増加した。

 その6年目に種付けした馬たちが、今年デビューする2歳世代なのである。

 当然ながら、種付け頭数や生産頭数が増えれば、ディープ産駒の活躍は勢いづく。それだけでなく、種牡馬ディープの力が確実に証明されたあととなれば、牧場サイドも積極的に一級品の繁殖牝馬をあてがうことになる。だからこそ、以前からディープ産駒が目覚ましい活躍を見せていながらも、その本領はこれから発揮されると考えられるのだ。

 もっと言えば、さらに1年後、2世代目が大活躍したあとの2013年の種付け頭数は、過去最高の262頭にまで膨れ上がった。ディープ産駒は今後、ますます強力なラインアップとなっていくだろう。

 なお、今年デビューした2歳世代からは、来年のクラシック候補とされるディープ産駒が早くも登場している。

 例えば、デビュー戦の2歳新馬(6月20日/東京・芝1600m)を完勝したプロディガルサン(牡2歳)。同馬は、今年のGI皐月賞(中山・芝2000m)で2着したリアルスティールの全弟であり、血統背景から同じ舞台での好走が期待される。

 その翌週の2歳新馬(6月28日/阪神・芝1800m)でデビュー勝ちしたポルトフォイユ(牡2歳)も、注目のディープ産駒だ。祖母にはGI2勝(オークス、天皇賞・秋)のエアグルーヴがいる超良血で、初戦から2着に5馬身差をつける圧勝劇を繰り広げた。

 デビュー戦では2着と敗れたものの、2戦目の2歳未勝利(7月25日/中京・芝1600m)で衝撃のレースを披露したシルバーステート(牡2歳)も、ディープ産駒期待の一頭。勝った2戦目では、2歳のコースレコードとなる1分34秒7という好時計をマーク。それも、ムチを入れずに他馬を蹴散らす、圧巻のパフォーマンスだった。

 また、今年のGIII函館2歳S(7月26日/函館・芝1200m)でも、ディープ産駒のブランボヌール(牝2歳)が優勝。ディープ産駒はこれまで、このレースはおろか、不思議と函館競馬場での重賞制覇がなかった。今まで縁のなかったタイトルをあっさり勝ち取ってしまうあたりからも、今年デビューのディープ産駒からは「ひと味違う」雰囲気を感じる。

 それと、忘れてはいけないのが、例年ディープ産駒は、秋以降に「大物」がデビューし始めるということ。今年も、牡馬、牝馬ともに、デビュー前から高評価を受けている、良血かつ有力な2歳馬が、その名を挙げればきりがないほど控えている。

 これまでも、驚異的な活躍を見せてきた種牡馬ディープだが、今年以降は一層、その独壇場になるかもしれない。まず何より、2歳戦ではディープ産駒に逆らうべきではないだろう。歴史的名馬が見せる、種牡馬としての「本領」を目に焼き付けたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara