巨人の亀井善行が2死満塁の場面でけん制死 積極性が裏目に

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 巨人は23日の広島戦、1ー1の6回表2死満塁で逆転のチャンスを迎えた
  • 三塁走者の亀井義行が積極的にリードを取るも、けん制球でタッチアウトに
  • 9回にも1死満塁の場面があったが、結局1ー2で広島に敗れた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x