ミラノの準備は整っている。マリオ・バロテッリのミランでの冒険が第2章を迎えるのだ。まさかの復帰劇に向け、ミランはリヴァプールとの交渉をまとめつつある。

ミランとリヴァプール、そしてバロテッリは、合意に大きく近づいている。おそらくは、来週明けにも両クラブが細部を詰めるはずだ。もちろん、ミランはこの数日で、バロテッリが本当に正しいモチベーションを持っているかどうかを把握するだろう。

リヴァプールはすでにレンタルで放出する用意を見せており、サラリーの一部も負担するかもしれない。リヴァプールはバロテッリの放出を望んでおり、その意味では無償レンタルでの放出も問題がないはずだ。

ミランにとっては、フィレンツェでのバロテッリとシニシャ・ミハイロビッチ監督の会談が決定的となる可能性がある。取引は本当に近くに迫っているのだ。

22日のバロテッリとミハイロビッチ監督の会談は非常に重要だった。両者の関係がこの交渉においては大きい。ミハイロビッチ監督は、ロベルト・マンチーニ監督が率いたインテルでアシスタントコーチとしてバロテッリを指導した経験を持ち、バロテッリとは常に互いを評価する関係だった。

23日、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役は、『Gazzetta dello Sport』の記者に「コメントはしない。だが…ずっと続き、戻ってくる愛もある。私と会長はロマンティックな人間なんだ」と述べている。