オコエ瑠偉の一発が決めた!関東一がベスト4へ!

 ベスト4最後の椅子を巡って、オコエ 瑠偉が走攻守で活躍する関東一と、左腕トルネード比屋根 雅也が引っ張る興南とが戦った。

 悪天候のため、試合開始が1時間近く遅れるというアクシデントがあっての試合開始となったが、立ち上がりの興南比屋根 雅也は完璧であった。初対戦のオコエを三振に切り、勢いそのまま後続も三振に切る。いきなりの三者連続三振で、試合開始が遅れたことなど、物ともしない様子であった。

 守備からリズムを作った興南は、1回裏に得点圏までランナーを進めるも、得点はできず。

 逆に、2回表では、関東一が、昨日もサヨナラ本塁打を放った長嶋 亮磨が、本日も本塁打を放ち先制に成功。昨日のサヨナラ勝ちの勢いそのまま、関東一に流れが来たと思われた。

 しかし、その裏、すぐさま興南も仕掛ける。5番佐久間 一輝の二塁打、本日初スタメンの砂川 謙斗の内野安打でチャンスメイク。さらに、高良 宗矩が敵失で出塁し、チャンスは無死満塁となる。続く比屋根は三振に倒れるも、1番比嘉 龍寿が打った打球は関東一センターオコエ 瑠偉がフェンスギリギリでキャッチ。タッチアップには十分な飛距離で悠々と三塁ランナーは生還。1対1と試合を振り出しに戻す。さらに、2番仲 響生が放った打球をセンターオコエがダイビングキャッチを試みるも、グラウンド状況が悪い中で後逸。その間にさらにランナーが一人生還し、2対1と勝ち越しに成功した。

 しかし、グラウンド状況が悪いことは、両者にとって同じこと。3回表の関東一の攻撃は、グランド状況を考慮した攻撃となった。オコエが打ち取られ、二死となった場面で、井橋 俊貴がセフティで出塁。雨の影響もあり、転がせば何が起こるかわからない甲子園で有効な攻め手となった。続く、伊藤 雅人は中前安打を放ち、ランナーはエンドランでスタートを切る。外野も雨の影響でボールのバウンドが読めなくなっており、センターがボールをファンブルしている間に、すかさずランナーはホームを狙った。2対2。前の回、逆転を許した関東一はすぐさま足で同点に追いつく。

 さらに、4回表は、昨日のサヨナラ弾、本日の先制弾を放っている長嶋からの攻撃。長嶋の思い切りの良いスイングでライト線へ二塁打を放つと、犠打で送り、鈴木 大智のショートゴロの間に生還。3対2と関東一が一気に勝ち越しに成功。

関連記事・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

 しかし、ここから試合は膠着状態となる。両チームがしのぎを削るなか、試合が再び動くのは7回裏の興南の攻撃。仲 響生、続く具志堅 大輝が連打で出塁し、凡退も含み、二死一、三塁とチャンスを作る。打席には、背番号18をつける城間 楽人。昨日も、逆転打を放った城間は、この日もセンターへ適時打を放ち、3対3の同点に追いつくことに成功した。

 そして、ドラマは9回表に待っていた。関東一の攻撃。8番黒田 駿汰が二塁打で出塁し、後続が凡退し、二死となったところで打席にはオコエ 瑠偉。本日のオコエは、三振二つにフライ二つと完璧に興南先発比屋根 雅也に抑え込まれていた。最終打席となるこの打席、初球を見送り、2球目は三塁線に痛烈なファール。今日のオコエは、ファールですら詰まらされている場面が見られたが、このファールから何かがをつかんだように見えた。

 そして比屋根が投じた4球目の内角低めへの直球。うまく体をたたみ、すくい上げるようにして打ったその打球はレフトスタンドめがけて一直線。これが本日唯一といってもいい、オコエのまともな当たりとなった。しかし、この場面でこの一発を放つとは。この一発に、誰もが驚き、感心した。

 9回裏に、興南も1点を返すも万事休す。結局オコエ 瑠偉の一打が決勝打となり、5対4で関東一が興南を下してベスト4へと進んだ。

 負けてしまったが、興南比屋根 雅也は9回を投げ、13奪三振の快投。たった1球に泣かされる結果となってしまったが、まだ二年生ということもあり、この経験がいかに来年に生きてくるかが楽しみである。

 勝った関東一は、明後日、同じく関東の東海大相模と激突する。今大会ナンバーワン左腕小笠原 慎之介が、オコエ 瑠偉を中心とする関東一打線とどう戦うのかが楽しみである。 

  

(文=高校野球ドットコム編集部)

関連記事・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」