フジテレビ「ジャンクSPORTS」(16日放送分)では、22日より日本で開幕するW杯バレーボールを目前に全日本女子メンバーが出演。「一致団結してますよ、全員が」と自信満々に話す眞鍋政義監督だったが、番組では選手や監督が互いにダメ出しし合うお馴染みの展開となった。

多彩な攻撃パターンを持つことから「忍者」の愛称を持つ山口舞は「眞鍋さんが試合中、必死な表情で指示を出してくれるんですけど明らかに間違った指示が出ることがある」と告白すると、「試合終わってから訊いたら“それは相手をかく乱するために言ってんねん”って明らかに言い訳している」と続ける。

これに対し眞鍋監督は「今我々は非常にデータを重視している。それは全世界が分かってるんです。ですから今外国人選手は日本語を勉強している。試合中、相手の選手とどれだけ目が合うか。だからワザと違った情報を流してる」と必死の弁解を試みた。

しかし選手達にとっては初耳だったようで互いに顔を見合ってきょとんとするや、すかさず徳井義実が「あらかじめ選手に言っとかないと身内までかく乱してる」と眞鍋監督にツッコミを入れた。

すると今度は期待の24歳・石井優希がキャプテン・木村沙織にダメ出しを行った。

「バレーボールって1セットにメンバーチェンジは6回できるんですけど・・・」と切り出した石井は、「眞鍋さんがすでに5回(交代を)使って。そしたら沙織さんが急に“もう5回使っちゃったよ”ってすごい焦ってて。6回できるのに沙織さんは5回だと思ってて。もうバレー人生長いのに・・・」とため息まじりに話した。

これには木村本人も「メンバーチェンジは5回だと思ってた」と間違いを素直に認めたが、今度は眞鍋監督が「これはちょっとビックリですね。(キャプテンを)替えた方がいいですかね」と木村に苦言を呈した。●関連リンク
女子バレー・眞鍋監督が語るブラジル五輪の秘策に選手達は「NO!」
選手から不満の集中砲火も、眞鍋監督は「疲れきってます」