アニメ版
「ジョーカー・ゲーム」ティザービジュアル (C)柳広司・KADOKAWA
/JOKER GAME ANIMATION PROJECT

写真拡大

 柳広司氏のスパイ小説「ジョーカー・ゲーム」(KADOKAWA刊)のアニメ化が決定した。「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」のProduction I.Gがアニメーション制作を担当し、監督を「攻殻機動隊 新劇場版」の野村和也が務める。

 「ジョーカー・ゲーム」は、世界大戦前夜の昭和12年を舞台に、帝国陸軍の“魔王”と呼ばれ、畏怖される結城中佐が極秘裏に設立したスパイ組織「D機関」の暗躍を描くミステリー。東京、上海、ロンドンと、世界各地を舞台に繰り広げられる知略と策謀が特長で、原作は2008年度「このミステリーがすごい!」で第2位、週刊文春ミステリーベスト10で第3位にランクイン。09年には、第30回吉川英治文学新人賞、第62回日本推理作家協会賞も受賞している。今年1月には入江悠監督のメガホンにより実写映画化された。

 放送時期や放送局は未発表だが、漫画「DOGS/BULLETS&CARNAGE」やゲーム「セブンスドラゴンIII code:VFD」のキャラクターデザインで知られる三輪士郎氏がキャラクター原案を担当しており、三輪氏の描いたティザービジュアルが公開されている。

 原作者の柳氏は、アニメ化に際して「登場人物のほとんどが“偽名を使い”“目立たないことを信条とする”スパイ。絵で魅せるアニメとは相反する作品だと思っていたが、アニメ化スタッフは“自分たちに不可能な任務(ミッション)など存在しない”と考える『ジョーカー・ゲーム』の登場人物さながらの、極めてプライドの高いアーティスト集団とのこと。今からできあがりが楽しみ」と期待のコメントを寄せている。