ジジ・ハディッド 写真:Startraks/アフロ

写真拡大

 米ロサンゼルス出身の人気モデル、ジジ・ハディッドが約7分間のショートフィルム「Those Wrecked By Success(原題)」で女優デビューした。

 米ハリウッド・レポーターによれば、同作はアルゼンチン出身のフォトグラファー、セバスチャン・ファエナとVマガジンのコラボレート企画で、ファエナが監督を務めた。出演者はハディッドのみで、主人公はアカデミー賞主演女優賞を受賞した若手女優。授賞式の翌朝、ハリウッド・ヒルズの豪邸で目覚めた彼女は、かかってくる電話を無視してベッドに横たわり、その後、家のなかや庭をゆっくりと歩き回る。人生の頂点に立ったにも関わらず無表情で、自身が一面を飾る新聞や、窓の外のハリウッドサインをぼんやりと眺める様子が印象的だ。

 現在20歳のハディッドは、元スーパーモデルのヨランダ・フォスターの娘で、ケンダル・ジェンナーやカーリー・クロスと並び最も旬のモデルの1人として注目を集めている。同じモデル仲間のカーラ・デルビーニュ(「Paper Towns(原題)」)が女優として成功を収めているが、ハディッドも今回の短編主演を機に、本格的に映画界に進出するかもしれない。