下田沖の海底で特攻潜水艇「海龍」と見られる船体を発見

ざっくり言うと

  • 下田沖の海底で「海龍」とみられる船体が発見されたと10日、発表された
  • 旧日本海軍の2人乗り特攻潜水艇で、太平洋戦争末期に開発されたもの
  • 見つかった潜水艇は長さ約17メートルで、水深約35メートルに沈んでいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング