リブートすることを前提に企画開発中!
(画像は「スチュワート・リトル2」) 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 マイケル・J・フォックスが主人公のネズミの声を務め大ヒットしたファミリー映画「スチュアート・リトル」が、リブートされることになったとTracking Boardが報じた。

 「スチュアート・リトル」は、E・B・ホワイトの児童書を映画化した1999年の作品。人間の家族に引き取られたネズミのスチュワートが巻き起こす騒動を描いたファミリー映画だ。

 その後、「スチュワート・リトル2」(2002)と、アニメ版「スチュワート・リトル3 森の仲間と大冒険」(05)が製作されている。一連の作品を手がけたソニー・ピクチャーズとレッド・ワゴン・エンタテインメントは現在、リブートすることを前提に企画開発中で、新たなキャストで仕切り直しすることになりそうだ。