実際にバイクを運転し、横転する危険なスタントに挑んだトム・クルーズ/[c]2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

主演・製作を務めるトム・クルーズが来日し、大きな話題を呼んだ『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が8月7日より絶賛公開中。公開初日を含む金土日3日間の興行収入累計は、757,252,300円、観客動員570,935人となり、11年12月に公開されたシリーズ前作『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』(最終興収54億円)の累計興収比105%を記録。60億円超えを視野に入れた大ヒットスタートとなった。

【写真を見る】上空1500m×時速400kmでの命がけの飛行機スタントも圧巻!/[c]2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

そんな本作から、トム・クルーズの『ミッション:インポッシブル』愛が詰まった特別メイキング映像が解禁された。先日の来日記者会見では「映画を愛している」と語り、「観客のことを第一に考え、知っている限りの技術や知識を注ぎ込んで上質なエンターテインメントを届けられるように心がけている。この気持ちはいつも変わらない」と映画製作への思いを明かしたトム。映像は、そんなトムの本作にかける情熱を感じられるものとなっている。

プロデューサーのJ.J.エイブラムスは、「デジタル全盛の今、俳優本人が危険なスタントをする映画は珍しい。だからリアルなんだ」とコメント。ノーヘルメット&ノースタントで挑んだバイクシーンのメイキングでは、バイクが横転した後、激しいスピードで転がるトムの姿が収められており、危険な体当たりアクションの裏側を目の当りにすることができる。

また、今回「チームによるハイレベルなアクションが楽しめる」と語るトム。サイモン・ペッグは「トムはくそ真面目だが、ユーモアもあって一緒にふざけて笑ってくれる」とコメントしており、映像でもカメラの前でおどけた表情を見せ、車の中でトムとサイモンがノリノリな姿も収録されており、本作の製作を心から楽しんでいる様子だ。

『ミッション:インポッシブル』シリーズを通して数々の不可能を可能にしてきたトム。自身初のプロデュース作品かつ、代表作ともいえる本シリーズについて「このシリーズが大好きだ。もっと続けていきたいね」と語っており、今後もまだまだ世界中のファンを楽しませてくれそうだ。

各地の劇場では満席も見られ、「シリーズ最高傑作」の呼び声も高い本作。未見の人は早めに劇場へ!【Movie Walker】