『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第51回

アイルランド人のハリー・スウィーニィ氏が代表を務めるパカパカファーム。2001年に開場した同牧場は、すでに3頭のGI馬を輩出し、牧場としてのブランドを築きつつある。それにしてもなぜ、パカパカファームはここまでの飛躍を遂げることができたのか。スウィーニィ氏や、牧場で働くスタッフに話を聞いて、その理由を探ってみた――。

 ハリー・スウィーニィ氏が、2001年に開場したパカパカファーム(北海道)。同牧場では、2007年のNHKマイルカップを制したピンクカメオを皮切りに、2012年日本ダービーのディープブリランテ、2015年NHKマイルカップのクラリティスカイと、3頭のGI馬を輩出してきた。開場から14年、その中で手にしたGI3勝の実績は、まさに快挙と言える。

 ここまで牧場が軌道に乗るには、いくつもの要因があるはずだ。まずは、パカパカファームの「強み」について、牧場で働くスタッフたちがどう考えているのか、話を聞いてみた。

 パカパカファーム開場時からの一員で、現在はフォーリングマネージャー(生産担当)を務める伊藤貴弘氏は、「細かな管理」をパカパカファームの強みとして挙げた。

「パカパカファームは、仔馬の管理がマメだと思います。例えば、各馬の馬体重は週に一回量って、その増減の仕方を見ながら、馬に与えるエサを変えています。また、サラブレッドは『削蹄(さくてい)』という蹄(ひづめ)を削る作業をしなければならないのですが、これについても、専属の削蹄師に毎週来てもらっています。削蹄自体は月に一度なんですが、蹄の微調整や歩様の確認などを毎週行なっています」

 サラブレッドの蹄は、放っておくと徐々に伸びてくるため、定期的に削らなければならない。その作業を「削蹄」というのだが、これは単に「爪を切る」といった意味合いだけでなく、削蹄の仕方によって、仔馬の脚の向きや歩き方を矯正し、癖などを直すことができる、極めて重要な作業だ。そして、蹄の状態は、気候や天候、放牧地によっても変わるため、つぶさにチェックする必要がある。ゆえに、パカパカファームでは、削蹄師を毎週呼んで、細かな蹄の調整を行なっているわけだ。

「削蹄のチェックや微調整を毎週やるというのは、他の牧場でもあまり聞かなかったので、最初は驚きました。でも、それによって馬の歩き方がガラッと変わることもありますし、体の成長や筋肉のつき方にも影響を与えます。また、削蹄などの作業をこまめにやることで、馬が人と関わる機会も増えます。その効果もあって、パカパカファームでは、人に対しておとなしい馬が多いのだと思います」

 パカパカファームでは、一日のほとんどの時間帯で、仔馬たちを放牧に出している。つまり、人の管理下に置かれる場面は決して多くない。その中で、削蹄や馬体重の計測などをこまめに行なうことは、馬と人との関係性を作るうえでも重要な役割となっているのかもしれない。

 その他にも、サラブレッドは生まれてすぐに、体内の免疫状況を調べる血液検査が必要になるが、パカパカファームでは生後24時間以内に3度、それを行なうという。こうした点からも、「細かな管理」がよくわかる。

 ところで、パカパカファームを最初から見続けてきた伊藤氏は、「社長」であるスウィーニィ氏についてどんな印象を抱いているのだろうか。

「とにかく、意志が強い人ですね。絶対に考えがブレないです。ホースマンとしての印象は、馬一頭一頭に対する記憶力がすごいことですかね。社長は、長期で海外に行くことも多いのですが、数カ月ぶりに帰ってきても、仔馬の馬体を見ただけで、どの馬かわかるんです。仔馬は数カ月でガラッと見た目が変わるのですが、それでもどの馬か判別できるのは、すごいことだと思いますね」

 毎日のように牧場の仔馬を世話している伊藤氏でも、顔を見ずに馬体だけで馬を判別するのは、「なかなか難しい」と言う。しかも、仔馬は数カ月経てば、姿が一気に変わる。だからこそ、スウィーニィ氏の記憶力に伊藤氏は驚くことがあるようだ。

 もちろんその記憶力が、仔馬の適切な管理につながっている面もあるだろう。これも、パカパカファームの飛躍をもたらした一因なのかもしれない。

 伊藤氏からそのような印象を抱かれているスウィーニィ氏だが、反対に彼は、伊藤氏のホースマンとしての強みをこんなふうに語ってくれた。

「伊藤さんの素晴らしさは、動物とすごく仲がいいことです。馬はもちろんですが、それだけじゃなく、犬からもすごく好かれていますよ。当たり前のことではありますが、馬から好かれることは、牧場スタッフとしてとても大事。才能と努力の両方がないと、できないことだと思います」

 続けて、スウィーニィ氏は「伊藤さんは、もしかすると人間よりも動物に好かれているかもしれません(笑)」と笑いながら言った。いずれにせよ、両者の信頼関係がわかる言葉だ。

 他のスタッフも、伊藤氏のそういった面を強く感じることは多いようだ。あるスタッフは、「馬は臆病な生き物なので、セリ市などで違う環境に置かれると、どうしても怖がってしまいがち。でも、彼がいると、馬が落ち着いていることが多いんです」と語る。人当たりならぬ"馬当たり"がいい、とのことだ。

 ともあれ、スウィーニィ氏は、伊藤氏だけでなく、パカパカファームのスタッフ全員を「牧場の強み」だと考えている。

「パカパカファームでは、どのスタッフも全員同じ作業をやります。例えば、まだ若くて経験が浅いから芝刈りだけ、厩舎の掃除だけ......というような"差"はつけません。新人も、ベテランも、芝刈りに掃除、種付けに出産と、すべて同じ作業をやってもらうようにしています。そうすることで、若い人にはすごくいい経験になるし、やる気も出て、ホースマンとしての力がつきます。だから、パカパカファームのスタッフは優秀だと思っています」

 雄大な土地や、スウィーニィ氏が海外から連れてきた繁殖牝馬の質など、パカパカファームに成功をもたらした要因はいくつもある。しかしそれ以外にも、働くスタッフの努力や苦労が、牧場を支えてきたことは間違いないだろう。そういったスタッフの力は、「パカパカファームの強み」になっている。

 この連載では、パカパカファームの歴史や飛躍の要因といった"成功の舞台裏"を、長きにわたり紹介してきた。次回はその締めくくりとして、スウィーニィ氏の抱く「大きな夢」にスポットを当てる。

(つづく)

【プロフィール】
■ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働いた後、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara