ライブ中にレザーパンツが裂けて股間が露出してしまったレニー・クラヴィッツ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

レニー・クラヴィッツが、スウェーデンでのコンサートでパフォーマンス中にズボンの股の部分が真っ二つに裂けるハプニングが発生。なんと下着は付けていなかったらしく、観客の目の前で生のアソコが露出してしまったらしい。

【写真を見る】ピチピチのレザーパンツ姿のレニー。下着は着用していなかった!?/写真:SPLASH/アフロ

ジージャンに黒いピチピチのレザーパンツ姿のレニーは、ギター片手にをノリノリでパフォーマンスを披露。最前列の観客に近づいてしゃがんだところ、レザーパンツの股間部分がパックリ裂けてしまった。観客に思い切り股間を披露してしまったレニーは、すぐさま下を向いて自分に何が起きたのか気が付いたようで、ギターで股間を隠しながら舞台を去ったという。

ミラー紙には、その時の写真が股間にボカシを入れた形で掲載されているが、「レニーが去った後、すぐにプロデューサーが舞台に現れ、『舞台でちょっとした問題がありましたが、すぐにパフォーマンスを再開します』と説明していました。その後レニーが、裂けていないレザーパンツを履いて舞台に現れ、正直に『ズボンが裂けちゃったんだ』と説明し、またパフォーマンスを再開してくれました」

「まさに、狂気の沙汰でした。もう笑い転げてしまいましたよ。会場の違う場所にいた母親に電話をしたら、彼女も笑い転げていたようです」とファンが、地元紙Expressenに語っている。

過去にも、セレブ女優たちがレッドカーペットや車に乗車する際に、スカートがめくれて股間が露出するハプニングが発生。その時にファッション専門家たちは口をそろえて、「せめてショーツは履いておくべき」とアドバイスしていたが、男性のズボンでも同じことが言えそうだ。【NY在住/JUNKO】