写真提供:マイナビニュース

写真拡大

8月21日〜9月6日に東京・新宿で開催されるアートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ2015」の開催期間に先駆け、映画『ピクセル』の特別展示が9日、スタートした。

映画『ピクセル』は、1980年代に全世界で愛された日本生まれのゲームキャラクターたちによる地球侵略を描いた作品。このたび、「新宿クリエイターズ・フェスタ2015」に同作が参加することとなり、映画に登場するピクセル化されたゲームキャラたちがブロックアートで再現展示された。

製作者はプロビルダーの三井淳平氏。制作期間4カ月、使ったブロック8万ピースという全長3mのパックマンをはじめ、ドンキーコングやインベーダー、ギャラガなどのゲームキャラのブロックアートが登場した。

また、Instagramのフォロワー数185万人越えを果たした柴犬の"まる"が、『ピクセル』の宣伝マンならぬ宣伝ワンとして登場。設置された巨大パックマンと対面し、宣伝ワンとしての就任を宣言し、新宿の至る所に設置されたほかのゲームキャラたちとも記念撮影を行った。

"まる"は宣伝ワンとして、特別プロモーション映像の撮影も行っており、その映像は本編と同じハリウッドのスタジオで現在編集作業真っ最中という。さらに"まる"は、『ピクセル』の公開直前イベントにも登場する予定となっている。