アリ・ラーター演じるクレアがカムバック Motion Picture Photography
(C) 2006 Constantin Film
International GmbH. All Rights Reserved.

写真拡大

 ミラ・ジョボビッチ主演×ポール・W・S・アンダーソン監督の人気アクションシリーズの完結編「バイオハザード6(仮題)」に、アリ・ラーター演じるクレア・レッドフィールドがカムバックすることがわかった。

 同名の人気テレビゲームを映画化した大ヒットシリーズで、ジョボビッチ演じる主人公アリスが、次々と襲いかかる生ける屍=アンデッドたちと、その元凶であるウイルスを開発したアンブレラ社と壮絶なバトルを繰り広げる。ラーターが演じるクレアは、シリーズ第3弾「バイオハザードIII」と第4弾「バイオハザードIV アフターライフ」に登場している。

 第6弾となる本作は当初、昨夏撮影が行われる予定だったが、ジョボビッチが夫でもあるアンダーソン監督との間に第2子を妊娠したため、製作が延期されていた。ジョボビッチは今年4月、次女ダシール・エダンちゃんを出産。アンダーソン監督が製作・脚本も兼ねる本作は、前作「バイオハザードV リトリビューション」に続く物語となり、人工知能レッド・クイーンの企てを阻止するというプロットになるようだ。9月から南アフリカで撮影される。

 「バイオハザード6」は2016年公開予定。ラーターが主演するSFスリラー「ディアボリカル」は8月22日に公開。