SMAP木村拓哉の「肩書き」とは? カッコよすぎるスタンスが話題に

写真拡大

8月7日夜に放送されたTOKYO FMのラジオ番組『木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!』で、SMAPの木村拓哉が、自身の「肩書き」についてコメント。その内容が、ファンの間で話題となっている。

この日も番組ではいつものようにリスナーからの投稿を読み上げつつトークを展開していたが、その中で、「先頃発売された雑誌の表紙に木村が起用され、『俳優・歌手』として紹介されていた」という話があるリスナーから寄せられた。これに対して木村は、「これは...なんすかね。まったく、その、肩書きというものに対して自分からリクエストを出すっていうのが、人生経験上ないので、はい。なんとも思わないというか。ああ、この方たちは自分のことをこう捉えてくれているんだっていう。うん、毎回その認識の中で僕はいますけど...うん」と、自らの肩書きには、あまりこだわっていないことを告白。
これを聴いたリスナーからは、「かっけーw」「まあ、キムタクはキムタクやしなw」「もはや説明不要ですやんwww」「久利生公平とかでも成立しちゃいそうだなw」といった声が相次いだ。

ちなみに、そうした感覚でいる木村は、いわゆる「職業欄」の部分の記載に悩むときがあるようで、「自分でどう記入していいかわからないときありますね、未だに」「この人ユーモア通じるかな?っていう人のときに、SMAPって書いたことある」とのこと。今や説明不要の国民的アイドルであるだけに、書類上の肩書きなどは、もはや彼にとってどうでも良いものなのかもしれない。

文・福原優也

https://youtu.be/9DsxqN1-aZU


■参照リンク
『木村拓哉のWhtat's UP SMAP!』公式サイト(毎週金曜日夜11時から!)