「女の子よ死体と踊れ」場面写真 (C)2015 YOU’LL MELT MORE!Film Partners

写真拡大

 ニューウェーブアイドルグループ「ゆるめるモ!」が初主演する映画のタイトルが「女の子よ死体と踊れ」に決定し、10月31日から東京・シネマート新宿、11月4日から大阪・シネマート心斎橋で公開されることが発表された。あわせて、場面写真もお披露目となった。

 映画は、清掃会社でアルバイトをする5人の少女が、森の中で見つけた死体を生き返らせてしまったことから巻き起こる騒動を描く。森の中の清掃現場で、透き通るように美しい少女の死体を発見した5人は、ノルウェーのブラックメタルバンドの儀式を使って死体を生き返らせることに成功する。しかし、その死体には知ってはならない秘密が隠されていた。

 同グループは、もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼうの6人が2012年に結成し、14年に初フルアルバム「Unforgettable Final Odyssey」をリリース。昨年の東京・恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブは、観客動員1000人を記録し注目を集めた。今年は、赤坂BLITZでのワンマンライブを成功させ、年末にはZepp DiverCityでのワンマンライブを控えている。

 メガホンをとるのは、テレビドラマ「怪談新耳袋 百物語」の「空き家」や、キム・コッピ主演のスラッシャーホラー「クソすばらしいこの世界」の新鋭ホラー監督・朝倉加葉子。撮影は女性スタッフを中心に抜群のチームワークで進められ、ありそうでなかったファンタジックなガーリーホラーが出来上がったという。

 メンバーのほか、松田優、尾本卓也、国分崇、川連廣明、信國輝彦、原扶貴子、古内啓子らが共演している。「女の子よ死体と踊れ」は、10月31日から東京・シネマート新宿、11月4日から大阪・シネマート心斎橋ほか全国で順次公開。