リゾートでうっかり日焼けしすぎてしまった! あとでシミを作らないための応急措置まとめ

写真拡大

夏といえばリゾート。夏休みに海やプールにいかれる方も多いのではないでしょうか。うっかり日焼けで後悔しないために、焼きすぎてしまったときにすべきことをまとめてみました。

とにかく冷やす

日焼けをしてしまった肌はやけどと同じ状態、というのは聞いたことがあるかもしれません。そのため肌を冷やすことが大事です。アイスノンや氷水などでとにかく肌を冷やしましょう。直接肌にあててしまうと刺激が強すぎるので、服のうえからあてたりタオルにくるんであてるようにしましょう。とくに、顔の皮膚はうすくて刺激に弱いので日焼けでダメージを受けているところに氷を直接あてるのは厳禁です。

一刻も早く冷やす

通常のやけどの場合と同じで、すぐに冷やすことが重要です。海水浴での日焼けの場合などは家に帰ってから冷やそう……と思うケースが多いと思いますが、それでは日焼けしてから何時間も経ってしまいます。とにかくすぐに冷やしましょう。家が遠い場合はまっすぐ帰らずにコンビニやスーパーなどで冷やすものを入手しましょう。車のなかなどで帰り道のあいだずっと冷やしておくのがベストです。
さらに、家に帰ったらしっかりと冷たいシャワーで冷やしましょう。ひどい日焼けの場合、ボディソープは痛みを感じる場合があるので要注意です。シャワーからでたあとも、タオルでゴシゴシこすったりしないようにしてやさしく水分を拭きとりましょう。

いきなり美白化粧品を使わない

油やお湯でやけどした肌に化粧水は使わないですよね。通常のやけどの場合は、軟こうを塗って空気や水に触れさせないようにする処置が多いと思います。日焼けした肌も同じ。ついつい美白化粧水を使いたくなりますが、アルコールや香料が入ったものはダメージを受けた肌には刺激が強すぎる場合があります。ピリピリと刺激があって痛くてたまらなくなってしまうかもしれません。水分補給は大事ですが、使うなら刺激のない化粧水などを使いましょう。

普段のクリームが使えないときは

いつも使っている化粧水・乳液・クリームなどでお手いれをしようとすると、刺激で痛くて使えないことがあるかもしれません。そんなときはオイル系のお手いれがオススメです。刺激の少ない化粧水のあとに、ワセリンや馬油など無香料で刺激の少ないもので肌にフタをしてあげるのがいいです。日焼けがひどくて辛いときはワセリンのうえからラップや包帯をしてフタをしておくと効果的です。もし刺激を感じたり悪化したときは早めに皮膚科にいきましょう。

ひどいときはすぐに病院へ

水ぶくれになってしまったり、痛くてシャワーも浴びられないような真っ赤な日焼けになってしまっているときは素人判断は禁物です。一刻も早く病院へいきましょう。やけどくらいで病院へいくなんて……と思うかもしれませんが、病院にいったほうが早くきれいに治ります。痛くて眠れないような状態になる前にいっておきましょう。

海やプールは楽しいですが、焼きすぎてしまうと後悔しますよね。焼かないのが一番ですが、もしものときは上記のポイントを覚えておいてくださいね!