イケメン2人が“胸キュン仕草”で魅せる (C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会
(C)幸田もも子/集英社

写真拡大

 桐谷美玲主演で幸田もも子氏の人気少女漫画を実写映画化する「ヒロイン失格」は、「orange オレンジ」の山崎賢人、「MEN’S NON-NO」の専属モデルで俳優の坂口健太郎が出演していることでも話題だが、旬のイケメン俳優2人が魅せる、女子憧れの“胸キュン”シーンの数々が初公開された。

 映画は、大好きな幼なじみの寺坂利太(山崎)と両思いになれると思い込んでいた女子高生はとり(桐谷)が、別の彼女ができた利太と、はとりにちょっかいを出す学校一のモテ男・弘光廣祐(坂口)との間で揺れ動く姿を描いたラブコメディだ。

 劇中では、廣祐が“壁ドン”3連発をした後に、はとりを至近距離で見つめるシーンをはじめ、原作の名場面を再現した花火大会で利太がはとりの手をつかみ見つめ合うシーン、雨中で廣祐がはとりを抱きしめるシーンなど、女性が「強引にされたい」と夢見るシチュエーションのオンパレードだ。雨中のシーンは、原作の幸田氏も「一番胸キュンしてしまう」と絶賛している。

 また、利太がはとりにプロレス技を仕掛けてじゃれ合うシーンや、2ショットで自撮り写真を撮る様子など、カップルの王道シチュエーションも描かれている。「ヒロイン失格」は、9月19日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。