男女6人、恐怖のシェアハウス生活!? (C)2015 SDP

写真拡大

 死者が集まるシェアハウスを舞台にした青春ホラー映画「TERROR OF HOUSE テラーオブハウス」が、8月29日〜9月4日の期間限定で公開されることが決定した。

 社会現象を巻き起こしたリアリティ番組にオマージュを捧げ、夢を追いかけることの大切さと、夢がかなうことのないはかなさをテーマにした新感覚ホラー。ある職業を“志望”している男女6人が共同生活を送りながら、夢をかなえるために努力する姿を記録していくテレビ番組「テラーオブハウス」。新メンバーとしてやってきた女優志望の野々村美咲は、恋や夢を語り合う生活に憧れていたが、実際に出演してみると何かがおかしいことに気づく。夜な夜な響き渡る不気味なノックの音、窓に浮かび上がる謎の女性と血の手形。そして人間離れしたメンバーたちの様子から、美咲は「みんな“死亡”してない?」と仮説を立てる。

 本作で長編映画デビューを果たす角田裕秋監督&脚本家のシーズン野田は、武蔵野美術大学在学中に結成したクリエイター集団「にがウーロン」のメンバー。2007年、共同監督作「青海二丁目先」がぴあフィルムフェスティバルの審査員特別賞を受賞、翌08年には「蝉顔」で同観客賞を受賞した。シェアハウスのメンバーは、池田光咲、山崎真実、小西キス、岡安旅人、にがウーロンの坂元パルムらが演じる。

 ライフスタイル角田の名義でギャグ漫画家としても活動する角田監督は、「あの番組ほど不思議な空気感の番組はないと思った。リアルと非リアルの部分が、絶妙なバランスで成立している斬新な作品なのである!」と大ヒット番組の大ファンであることを明かし、「暗い部屋で見たせいもあるからか、なんだかこの世じゃない場所に見えてきて、ああ、この人たちは亡霊で、延々とここでこの時間を過ごしているんだ……と空想したら怖くなり、次に切なくなった。そうなるともう出演者の顔が青白く見えてきて、とてもはかない存在になった」と、本作が生まれるきっかけを説明している。

 「TERROR OF HOUSE テラーオブハウス」は、8月29日〜9月4日に東京・ユーロスペース渋谷でレイトショー上映。