亡くなったコリーン・グレイさん
 - Valerie Macon / Getty Images

写真拡大

 映画『死の接吻』『悪魔の往く町』『アリバイなき男』などのフィルムノワールで知られる女優のコリーン・グレイさんが亡くなった。92歳だった。Hollywood Reporter などによると、カリフォルニア州ベルエアの自宅で現地時間8月3日に亡くなったとのこと。自然死だったという。

 コリーンさんは映画『赤い河』で故ジョン・ウェインさんの相手役を務めたほか、故スタンリー・キューブリック監督の『現金に体を張れ』にも出演していた。テレビでは、「ローハイド」「ヒッチコック劇場」「サンセット77」「ペリー・メイスン」などにゲスト出演している。

 2001年に彼女と共に著書「ダーク・シティ・デイムズ:ザ・ウィキッド・ウィメン・オブ・フィルムノワール」を執筆し、フィルムノワール基金の会長も務めるエディー・ミューラーは、自身のFacebookで彼女を追悼。「わたしの最後のデイムがいなくなってしまった。昔から、最後に逝くのは彼女だと予感していた」と書いている。(澤田理沙)