テイラー・スウィフト

写真拡大

最新アルバム「1989」が大ヒットを飛ばしている世界の歌姫テイラー・スウィフト。今年5月には日本ツアーを大成功させた彼女が、自身の曲の使用許可を出して、オーストラリアの舞台カンパニーを救っていたことが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連記事】テイラー・スウィフトへ4000万ドルの借り? スターの発言集

豪シドニーにあるベルヴォア・ストリート・シアターで、今週に開幕する予定だった舞台『Seventeen』は、年配者の俳優らが17歳の役を演じ、学校で最後の日を過ごすという設定の作品。その劇中で、テイラーの「Shake It Off」が使用されるはずだったが、土壇場になって音楽出版社から使用許可が下りなかったという。

そこで、ソーシャルメディアでキャンペーンが展開され、舞台『マチルダ』の楽曲を手掛けるティム・ミンチン(『カリフォルニケーション』)らの協力もあり、テイラーが呼びかけに応答。テイラーが、「ベルヴォア・ストリート・シアター、許可するわ! 初演がうまくいきますように!」とツイートし、曲の使用許可を認めて舞台カンパニーの危機を救ったとのこと。

テイラーは、人気アクション・ヒーロー映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-Men: Apocalypse(原題)』で、破壊エネルギーを発射するシンガー、ダズラー役を演じるとの噂がささやかれている。そうなれば劇中でテイラーがパフォーマンスを繰り広げる可能性もあるため、そこからいずれはブロードウェイの舞台へも進出、という展開が期待できるかもしれない。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・うわさは本当だった!? テイラー・スウィフトがカルヴィン・ハリスと交際テイラー・スウィフト、ポップの女王マドンナからの褒め言葉に嬉しすぎて「私、死んじゃった」ブライアン・クランストン、トニー賞受賞作品『All The Way』でテレビに復帰!