長崎に原爆が落とされた後のこと 音もない灰色の世界が広がっていた

ざっくり言うと

  • 長崎市に原子爆弾が落とされた日の光景を、被爆者たちが思い出している
  • 爆心地から約2キロの自宅近くにいた82歳女性は、岩陰にいて助かったという
  • 街が消え、音もない灰色の世界が広がっていたと述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング