写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の天海祐希が8日、都内で行われた、米アニメーション映画『ミニオンズ』のヒット御礼舞台あいさつに出席した。

全国公開中の本作は、「怪盗グルー」シリーズに登場する黄色い謎の生物・ミニオンを主人公としたアドベンチャー作品。先月31日の公開から7日間で国内観客動員数100万人を超え、現在までの世界興行収入は8.5億ドルを突破している。

日本語吹き替え版で女悪党・スカーレットの声優を務めた天海は、「何度でも楽しんで。笑ってほのぼのして、明日からまた頑張ってほしい」と笑顔でアピール。「本当に可愛い!仲間もすごく大事にするし、その一生懸命さにやられてしまう」とミニオンにすっかり魅了された様子の天海は、「グッズもいっぱい持ってる。Tシャツとかストラップとか、子どもに混じって買ってきました」と照れ笑いで打ち明けた。

また、この日は、天海の48歳の誕生日。ミニオンをモチーフにした巨大なバースデーケーキと共に、ミニオン・ハイヒールがプレゼントされると、「えー! うれしい!」と大喜び。世界に12足しかない同ハイヒールに生着替えした天海は、「今年も元気に笑顔で、みなさんに楽しんでもらえるお仕事をできるように精進したい」と抱負を。去り際には、「“あまみ48”になったなと。ここで、AKB48の歌でも歌えれば良かったんですけど」とジョークを飛ばして笑いを誘っていた。