島に不時着…クリス・パイン
 - Jason Merritt / Getty Images

写真拡大

 DCコミックスの実写化映画『ワンダーウーマン(原題) / Wonder Woman』に、映画『スター・トレック』シリーズのクリス・パインが出演するとTheWrapが報じた。

 クリスが演じるのは、ワンダーウーマンの恋の相手役スティーブ・トレバー。原作では、ワンダーウーマンことダイアナ・プリンスは、パラダイス島で人間界から隔離されて生きるアマゾン族の王女であったが、島に不時着したスティーブをアメリカに連れ戻すため、アメリカ社会に身を投じることになる。

 ワンダーウーマン役には『ワイルド・スピード』シリーズなどのガル・ガドットがキャスティングされている。映画のストーリーは明かされていないが、クリスにも十分なアクションシーンが用意されているらしい。

 本作は続編を製作するオプション付きのため、シリーズ化もあり得る。『ワンダーウーマン(原題)』は2017年6月23日にアメリカで封切り予定。(澤田理沙)