サミュエルに、今度こそ決まるか……?!
 - Neilson Barnard / Getty Images

写真拡大

 『キング・コング』シリーズの新作、『コング:スカル・アイランド(原題) / Kong: Skull Island』にサミュエル・L・ジャクソンが、降板したJ・K・シモンズに代わり出演する可能性があると、Deadlineなど複数のメディアが報じている。

 『セッション』のJ・K・シモンズと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンという第87回アカデミー賞をにぎわせた二人の俳優が、主役級キャストから降板している本作。『マイティ・ソー』ロキ役のトム・ヒドルストンの主演のほか、『ショート・ターム』のブリー・ラーソンの出演が報じられたが、シモンズらの代役キャストは明らかになっていなかった。サミュエルの本作への出演は決定していないが、サミュエルは『スター・ウォーズ』シリーズやマーベルのヒーロー映画に多数出演していることから、同じくブロックバスターシリーズの本作への出演を好むのではないか、と同サイトは伝えている。

 また、『グローリー/明日への行進』のトム・ウィルキンソンも主役級キャストで出演交渉中であるという。本作のメガホンを取るのは『ザ・キングズ・オブ・サマー(原題) / The Kings of Summer』(日本未公開)の新鋭ジョーダン・ヴォート・ロバーツ監督。脚本は『フライト』のジョン・ゲイティンズと『GODZILLA ゴジラ』のマックス・ボレンスタインが手掛けるとのことだ。(編集部・高橋典子)