仮面ライダードライブ・竹内涼真「子どもは3人欲しい」

写真拡大

人気テレビシリーズの映画化作品『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』と『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』の初日舞台挨拶が、8月8日に丸の内TOEIで開催。仮面ライダードライブこと泊進ノ介役の竹内は「気持ちが入った作品なので、初日を迎えられてすごくうれしいです」と力強く挨拶した。

【写真を見る】筧美和子は白の爽やかなワンピースで登壇

登壇したのは、竹内涼真、内田理央、上遠野太洸、稲葉友、クリス・ペプラー、筧美和子と、Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE として、TV 主題歌と今回の劇場版の主題歌「re-ray」を歌った松岡充だ。今回、20年後の未来から、泊進ノ介の息子がやってくるという設定にちなみ、それぞれが自身の20年後の未来像を語っていった。

竹内は、「42歳なので、結婚はしてるかな。子どもは3人欲しいです。わりとかまってほしい方なので、3人いたらかまってもらえるかなと。キレキレなうちに子どもは作っておきたい」と爽やかな笑顔を見せた。

内田は「世界がいまより平和であってほしい」と言った後「おかあさんになっていたらうれしいです」と、筧も「おかあさんになっていたい。ペアルックかあちゃんになっていたい」と答えた。

ユーモアあふれるコメントで会場を沸かせたのは松岡充だ。以前にも会見に登壇した松岡は「こんなにイベントに出てくる主題歌アーティストはいままでいたのかと」と自身で突っ込み、笑いを取る。さらに、20年後について「おそらく東映の社長になっているんじゃないかと」と大胆発言し、会場を笑いに包んだ。

バイクではなく「車」に乗る仮面ライダーの活躍を描く「仮面ライダードライブ」と、“忍者”をモチーフに、一人前を目指す忍者の卵たちが「忍ばず暴れる」という斬新な設定の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」。スーパー戦隊ものとしては40周年を迎え、2大ヒーローの映画としては、15作目となった。【取材・文/山崎伸子】