ファンイベントに出席した冨手麻妙と紗綾

写真拡大

 映画「闇金ドッグス」に地下アイドルユニット「けろリズム」として出演している女優の冨手麻妙とグラビアアイドルの紗綾が8月7日、スペシャルナイトと銘打ったファンイベントを上映中の東京・新宿武蔵野館で行った。

 2人は役柄そのままに、冨手がえりな、紗綾が舞香として映画で着たセクシーな衣装で登場。ファン役のエキストラがオタ芸で盛り上げる中、劇中で歌った「恋するパッションフルーツ」を振り付きで披露した。

 元AKB研究生の冨手は、「ライブシーンのため2人でガッツリ猛特訓をして取り組んだ。皆の前で踊れるなんて、不思議な感覚です」と言いながらも満足げ。特訓時には隣の部屋でエキストラがオタ芸の練習をしていたそうで、「オタ芸に関しては見てきているので、どうせ俳優がやるんだと思っていたけれど本場の感じだったので、負けるわけにいかないと刺激を受けました」と明かした。

 一方の紗綾も、ダンス&ボーカルグループ「Sweet Kiss」として活動していた時期があり、「振り付けもしっかり思い出して、気持ちも入りました」と笑顔。ライブも含めすべてのシーンを1日で撮り終えたそうで、冨手とのケンカのシーンでは「ぶったたくし、髪の毛は引っ張るし、女って怖いなと思うくらい本気でした」と振り返った。

 また、紗綾は10月2日に発売される最新写真集もちゃっかりPR。この日発売された写真週刊誌「FRIDAY」にそのグラビアが掲載されていることから、冨手が「皆さんがSNSで良く書いてくれたら、私たちも袋とじで出られるかも」と“デビュー”に淡い期待を寄せていた。