50歳を迎えた明菜は“再生不能”!?――歌手・中森明菜の新曲が9月30日に発売されることになった。タイトルは「unfixable」。日本語に訳すと「再生不能」だ。シングルとしては初めて、全編を英語で歌っている。明菜は7月13日に50歳の誕生日を迎えた。しかも今回が通算50枚目のシングル。制作担当者は「明菜のこだわりで選曲した渾身の作品」というが、ファンには大きな衝撃を与える作品になりそうだ――。

 ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返してきたが昨年の紅白歌合戦で4年3カ月ぶりに芸能界へ復帰した明菜。その後、1月に新曲「Rojo-Tierra-」を発売したものの本格的な活動には至らなかった。それだけに一部からは「体調を崩したのではないか」と心配されていたが、実際には海外で極秘レコーディングを行っていた。

 ユニバーサルミュージック・ユニバーサルJによると、作品を集め渡米後にレコーディングを開始したのは初春から。明菜は企画段階から参加、その後は数曲をレコーディングしたという。その中から今回の“新曲”として選んだのが「unfixable」だった。

 海外の作家に依頼した作品で、「4人の作家による共同制作」だという。しかも、タイトルを日本語に訳すと「再生不能」。新曲だけにインパクトという以上に衝撃的なものとなった。選曲について、関係者は「レコーディングした数曲の中から絞り込んでいく中で、明菜が最後までこだわったんです」。

 一方、「表題曲は英語詞ですが、カップリング曲として収録する予定の『雨月』は日本語詞で、その詞の内容は彼女の活動休止中の気持ちを表していると言うんです。自分ではどうにもならない苛立ち、焦り…でも、それを乗り越えようと頑張ってきたら、一筋の光が見えてきた…。明菜はこの曲を改めて聴いていると涙が出て来ると言うんです」。

 音楽活動を休止していた約4年間――明菜の苦悩と病気との闘いの日々、そして「紅白」への出演を決めた心情が、50歳の節目の作品の中で初めて明かされる。(文化通信)