夢だった声優と対面した鈴木亮平(右から2人目)

写真拡大

 累計発行部数400万部の少女漫画を実写映画化した「俺物語!!」と同漫画のテレビアニメ版とのコラボレーションイベントが8月7日、東京・汐留にある日本テレビタワーで行われた。実写映画版で主人公・剛田猛男を演じる鈴木亮平と、ヒロイン・大和凛子に扮する永野芽郁、アニメ版声優の江口拓也、潘めぐみ、島崎信長が出席し、初対面を果たした。

 鈴木はアニメ声優陣を前に、「実は僕は俳優になりたいと思う前、小学生の頃は声優になりたいと思っていた」と明かし、「今日は、最初に憧れた世界のトップを走っている皆さんとお会いできて、光栄に思っております」と感激していた。

 実写版で坂口健太郎が演じる猛男の親友・砂川誠のアニメ版声優を務める島崎は、「(今作の)予告編を見て、すんなり受け入れて期待感が高まりました」と、実写版キャストに太鼓判を押した。すると鈴木は、ホッとした表情を浮かべ、「僕らからすると、(『俺物語!!』を)先に演じられた先輩。『お前らじゃないんだよな』って思われたらどうしようかなと思っていた」と緊張の面持ちで語っていた。

 さらに鈴木は、実年齢では17歳差のヒロイン・永野との共演について、「本当に可愛かったです。猛男は『好きだあ!!』って言うんですけど、本当に思ってないと言えない。目の前ですごく可愛い感じでいてくれるので、すごく言いやすかったです」と、メロメロの様子。永野も「撮影は緊張もあったけど、楽しかったです」と嬉しそうにほほ笑んでいた。

 また、鈴木と江口のダブル猛男がそろって「好きだあ!」と叫ぶなど、コラボイベントならではのレアなシーンを披露し、映画&アニメをアピールしていた。

 映画は、身長約2メートル、体重120キロの高校生・猛男が、一目ぼれした大和凛子との恋模様を、イケメンの親友の砂川誠との関係を交えて描く。「凛子は誠のことが好きなのだ」と思っている猛男は、自分の思いを隠し、ふたりの恋を応援することを決意する。10月31日から全国で公開。