大規模な合戦シーンも見どころ!
 - (C) 石井あゆみ/小学館 (C) 2016「信長協奏曲」製作委員会

写真拡大

 小栗旬主演で石井あゆみの人気漫画を実写化した連続ドラマの劇場版『信長協奏曲』が、2016年1月23日に公開されることが決まった。併せて、ビジュアルが初披露された。

 昨年、フジテレビの「月9」史上初めての時代劇として、最高視聴率15.8%を記録するなどヒットを飛ばしたドラマ「信長協奏曲」。戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公サブローとかつて織田信長だった男、明智光秀の一人二役を映画でも小栗が務める。

 撮影は4月から6月に行われ、約300人のエキストラを使った大規模な合戦シーンをはじめ、京都の上賀茂神社、滋賀の彦根城など本物の寺社仏閣を使用した本格的な撮影が敢行された。クランクアップ後、小栗は「半年以上この作品に関わってきて、大変なことも多かったけど、織田信長としての人生を最後まで生きることができて良かった」と充実した表情を見せ、映画について「今回はサブローだけでなく、織田家のみんなで戦う合戦のシーンもたくさんあり、サブローと本物の信長の光秀がどんなラストを迎えるのかも含め、見どころ満載です!」と自信をのぞかせた。

 ドラマでおなじみの柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、水原希子、濱田岳、古田新太、高嶋政宏、山田孝之ら豪華キャストも引き続き出演する。(編集部・小松芙未)