誰もインテルから出ていきたくないようだ。今度はマルコ・アンドレオッリである。

5日、アンドレオッリはボローニャ移籍のオファーを考慮せず、インテルに残ることを決めた。少なくとも今のところ、アンドレオッリは余剰戦力という立場にもかかわらず、ロベルト・マンチーニ監督のチームに残る。

ボローニャはアンドレオッリ獲得に力を入れていた。すでにインテルからも同意を取りつけていたのだ。だが、こういう場合は常にそうだが、最後は選手が決め手となる。そしてアンドレオッリはインテル残留を望んだ。

アタランタからのオファーを考慮しなかったときと同じように、アンドレオッリはインテルで勝負をすることを決めたのだ。彼は荷物をまとめたくないのである。

だが、インテルにとって人員整理はますます重要な問題となっている。売却が進まなければ、補強で選手を買うこともできないからだ。