臓器密売はなくならない(写真はイメージです)

写真拡大

 たとえ高いリスクを背負ってでも臓器を売買したがる者がいるようだ。

 7月21日、警視庁は臓器移植法違反などの容疑で指定暴力団住吉会系幹部(71)とホームレス男性(44)を逮捕した。この事件により国内における臓器売買ビジネスの存在、そこへの暴力団の介入、ターゲットとしてホームレスや貧困層が狙われている実態が明らかになった。だが今回の事件の発覚はほんの氷山の一角だという。

臓器売買ビジネスの主流はヤミ金と貧困ビジネスの2ルート

 かつて大阪府警で暴力団を担当していた元警部はその実態をこう明かす。

「角膜とか、肝臓とか、正規のルートで臓器提供を待っている人が、いち早く臓器提供を受けたいと非合法のルートで臓器提供を受けたがるケースは昔も今も変わらない。社会の闇で静かに深く需要はある」

 この臓器売買を手がけるブローカーは、その多くは暴力団の息のかかった企業舎弟、もしくは暴力団関係者が直接携わったものだ。彼らは医療界に深く食い込み医療界における臓器ビジネスの仕切り役として機能していた。

 しかし、暴力団対策法や暴排条例の施行以降、医療界と暴力団の縁は薄くなる。医療界が暴力団と距離を置いたためだ。そのため医療界の側でカネと引き換えに臓器提供を募る「病院ルート」は今日ではかつてほど機能しなくなったという。代わりに活発化したのが「ヤミ金融」と「貧困ビジネス」の2つのルートだ。

 かつて臓器売買ビジネスにも関わりがあったという医療業界関係者が語る。

「カネと引き換えに臓器提供を、借金と相殺する形で持ちかけるヤミ金ルート、纏まったカネと住むところをエサにホームレスを拾ってくる貧困ビジネスルート、これが現在の臓器売買の主流。ただトラブルになると、この前発覚した事件のようにすぐ足がつく。そこが困りモノだね」

 では、病院、ヤミ金、貧困ビジネス、これらルートで実際に売買される臓器の額とはいかばかりなのか。角膜は10万円、肝臓は200万〜300万円

「眼球、つまり角膜だけど、相場では10万円、急ぎだと50万円の値がつくこともある。肝臓と腎臓はせいぜい200万円から300万円程度だな。いずれも臓器提供する本人が手にする額だよ」(前出・医療業界関係者)

 この額が適正かどうかはさておき、国内における非合法臓器売買ビジネスで売買される臓器は、先述の角膜、肝臓、腎臓のほか、心臓もある。これは脳死状態にある人のそれを移植するもので今でも病院ルートが主流だという。

「脳死で心臓を売るなら、仲介者でも500万円くらいは貰える。最近だと、入退院を繰り返す高齢者の死期を見越して、心臓の臓器売買を病院側に申し出る家族もいるくらいだ。看護師あたりからそんな情報を聞いたら、さりげない形で臓器提供される人物の関係者に連絡が取られる。看護師に個人情報を提供して貰うために小遣いも渡してるよ」(前出・同)

 とはいえこの臓器売買ビジネス、業界としては今ひとつ盛り上がりに欠ける。

「肝臓と腎臓なら、ビジネスとしてはせいぜい数百万円程度だ。臓器提供者に200万円渡し、執刀した医師たちに100万円程度、そこにブローカーの手数料で100万から200万円、実際に肝臓や腎臓を買うなら最低600万円用意しなければならない。もし1000万円払ったという者がいたら、それはブローカーがそうとうボってるね」(同)売血は400ccあたり5000円が相場!

 実のところ、こうした臓器売買ビジネスの実態は警察ほか、地方自治体でも把握している。生活保護行政の経験もある大阪市の課長代理は次のように証言する。

「ケース(註:生活保護受給者のこと)が、突然、数日間連絡が取れなくなったり、どこかに入退院した、手術したという情報が入れば、すぐにその背景を本人と面談するなどして確認に走ります。売るモノのないケースたちが売れるものはもはや自分の体、臓器しかありませんから」

 また、臓器売買ではないが非合法の売血ビジネスも大阪市では蔓延っているという。

「時折、大阪市西成区の三角公園や、飛田新地近辺で売血業者がいるとの情報は耳にしています。400CCで5000円が相場だとか。特にホームレスは常備薬を服用していない者が多いので血液提供には適していると言われているそうです。もし生活保護受給者で売血業を行っている者が発覚すれば、きちんと“収入”としてカウントします」(前出・大阪市課長代理)

 みずからの臓器を売るという高いリスクの割には意外にも収益性薄い臓器売買ビジネスの世界。それでもこのビジネスが細々と続くのは「何も売るモノがない者」でも市場に参加できるという魅力があるからかもしれない。

 もっともこの臓器売買ビジネスは非合法である。その市場への参加は犯罪だ。

(取材・文/川村洋)