[Jステーション-広島HOMEテレビ]2015年7月20日放送の「しあわせベーカリー」のコーナーで、創業当時から販売している、人気のハムエッグサンドを紹介していました。


公式サイト

卵やハムを、トーストした特製の自家製パンでサンド。一口食べると思わず笑顔になるような美味しさです。そんなサンドイッチが食べられるのが、広島市中区宝町にある、創業37年「てらにし珈琲本店」です。常連客が足しげく通うお店で、ハムエッグサンドは、創業当時からの販売です。

パンを焼いているのは、次男の寺西泰人さん。自宅の倉庫を改造して、パン焼き工房にしています。塩味の利いた飽きのこないパンは、外はサクサク、中はふんわり仕上がります。1日に24本焼き、お店へと届けられます。

お店でパンをトーストすると、食感はさらにサクサクになります。具材は、素材の味を感じられるよう、シンプルにハムと卵ときゅうりのみ。そこに、ワインやレモンを入れた特製カクテルソースを加えて完成です。

サンドイッチと相性抜群なのが、お店の自家焙煎珈琲。口当たりの良さを追求して、厚みのあるカップも店のオリジナルです。ボリューム満点ながら、ふんわりとした食感のため、最後まで美味しくいただけます。

喫茶店のサンドイッチは、どこも間違いなく美味しくいただけるイメージですが、ここのはまた特別美味しそうですね。創業37年の味。近くに寄った際には是非試してみたいものです。(ライター:haruhana)