シリーズ第1作から登場しているコンピュータのプロ、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)/[c]2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

トム・クルーズが主演を務める人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が、8月7日(金)よりいよいよ公開。本作から、ヴィング・レイムス演じるハッカー、ルーサー・スティッケルの特別映像が解禁された。

【写真を見る】ルーサーはIMFのエージェント、ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)と協力してイーサンの後を追う/[c]2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ヴィング・レイムスという名前を聞いて、すぐに顔を思い浮かべられる人は少ないかもしれないが、その独特の風貌を一度は目にしたことがあるだろう。それもそのはず、彼が演じるルーサーは、ブライアン・デ・パルマが監督を務めたシリーズ1作目『ミッション:インポッシブル』(96)から登場しており、トムが演じる主役のイーサン・ハント以外で唯一、全作品に登場しているキャラクターだからだ。

今作で敏腕スパイのイーサンが立ち向かうのは、謎に包まれた恐るべきスパイ集団“シンジケート”。しかも、米国の極秘諜報組織IMFは解体の危機に瀕し、イーサンはCIAから追われる立場になってしまう。そんな中で、イーサンをサポートするのが旧知の仲であるベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)、ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)、そしてルーサーだ。CIAですらイーサンの居場所をつかむことができない中で、スゴ腕ハッカーのルーサーはイーサンを見つけることができるのか…?

トムも「ヴィングは最高だよ。彼の演じるキャラクターが大好きだ」と語っているように、クールな存在感で物語のアクセントとなっているヴィング。イーサンとはもちろん、ジェレミー・レナー演じるブラントとの掛け合いも絶妙だ。ぜひ本編で彼らのチームワークを確かめてみてほしい。【Movie Walker】