体操アジア選手権 男子団体総合が2位に大差をつけ2大会ぶりの優勝

ざっくり言うと

  • 1日、体操アジア選手権第2日が広島県立総合体育館で開かれた
  • 男子の団体総合で日本は2位の中国に大差をつけ、2大会ぶりの優勝を果たした
  • 個人総合では順天堂大学の加藤凌平が優勝し、田中佑典も2位に入った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング