8月7日から日本公開の
「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」 (C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

 批評家絶賛のシリーズ第5作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」をプロモーション中のトム・クルーズが、続く第6作について語った。

 ジョン・スチュワート司会のトーク番組「ザ・デイリー・ショー」に出演したクルーズは、「ミッション:インポッシブル6」製作の可能性について聞かれると、「現在すでに着手しているんだ。多分、来年の夏に撮影をスタートするだろう」と明言した。

 同シリーズは、第1作「ミッション:インポッシブル」が1996年、第2作「M:I-2」が2000年、第3作「M:i:III」が06年、第4作「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」が11年に公開されている。

 4年ぶりとなる第5作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」は、「ユージュアル・サスぺクツ」のアカデミー賞脚本家で、クルーズ主演「アウトロー」のメガホンをとったクリストファー・マッカリーが監督。無敵のスパイ、イーサン・ハントと仲間たちは、所属するIMFが解体に追い込まれ、孤立無援の状態で謎の組織“シンジケート”の正体を暴いていく。クルーズが今回も身体を張って、限界超えのアクションに挑戦。サイモン・ペッグ、ジェレミー・レナー、ビング・レイムス演じる仲間たちとのチームワークや、ヒロインに抜てきされたレベッカ・ファーガソン扮するミステリアスな女スパイの活躍にも注目だ。

 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」は7月31日から全米公開、8月7日から日本公開。