「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」場面写真(左)と
ブライアン・ウィルソンと妻メリンダ (C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

写真拡大

 米ロックバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」の元リーダー、ブライアン・ウィルソンの半生を描く「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」で、ウィルソン本人と、妻メリンダのインタビュー映像が公開された。

 映画は、1960年代の米カリフォルニアで、人気の絶頂にあったザ・ビーチ・ボーイズの栄光と挫折、そして再生を描く。超人気バンドのリーダーであるウィルソンは、新作へのプレッシャーからアルコールとドラッグに依存するようになる。それから20年ほどが経過し、美しく聡明な女性メリンダと出会ったウィルソンは、再び希望の光を取り戻していく。60年代をポール・ダノ、80年代をジョン・キューザックが2人1役を演じている。

 映像内でウィルソンは、自身を演じたダノとキューザックを「素晴らしいキャスティングだ」と大満足の様子。さらに、メリンダに扮したエリザベス・バンクスを「バンクスは美しい。メリンダ役にぴったりだ」と称賛し、のろけてみせる。どん底にいたウィルソンを支え続けたメリンダも「私がどれだけ強いかみんな知らないの。強い小娘だった」と当時を述壊。続けて「この映画は彼の音楽のように誰かを愛している人のための作品よ」「愛は全てを乗り越えられる」と自分たちを描いた作品に愛着を持って語っている。

 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」は、「ツリー・オブ・ライフ」「それでも夜は明ける」のプロデューサー、ビル・ポーラッドの初監督作。ポール・ジアマッティ、ジェイク・アベルらが共演する。8月1日から角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。