「光のノスタルジア」の一場面 (c) Atacama Productions (Francia) Blinker
Filmproducktion y WDR (Alemania), Cronomedia (Chile) 2010

写真拡大

 南米チリを代表するドキュメンタリー作家パトリシオ・グスマン監督による2部作「光のノスタルジア」「真珠のボタン」の予告編が、公開された。

 「光のノスタルジア」は、世界中から天文学者が集まるチリのアタカマ砂漠と、そこにとどめられたさまざまな「記憶」に焦点を当て、祖国チリがたどってきた苦難の歴史を大自然の圧倒的な映像美で映し出す。2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭で最優秀作品賞を受賞した。

 2015年ベルリン国際映画祭で銀熊賞(脚本賞)を受賞した「真珠のボタン」は、チリ南部に位置する西パタゴニアの海底から発見された真珠貝のボタンから、植民者によって祖国と自由を奪われた先住民の記憶を浮かび上がらせ、ピノチェト独裁政権下で政治犯として海に沈められた犠牲者たちの声をすくい上げていく。

 このほど公開された予告動画で、「光のノスタルジア」編では天文学者が集まるアタカマ砂漠で、行方不明の肉親の遺骨を探して地を掘り返す人々がいる姿を、壮大な宇宙の映像とともに映し、「真珠のボタン」編では真珠のボタンと引き換えに売られたという先住民のエピソードを軸に、全長4300キロ以上に及ぶチリの長い海岸線とその海の起源から人類の歴史と記憶をひも解く映像が切り取られている。

 「光のノスタルジア」「真珠のボタン」は10月10日から岩波ホール他、全国順次公開。