クルーズの真剣な姿をとらえた新写真も解禁! (C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

 トム・クルーズ主演のスパイアクションシリーズの第5作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」で、スケール感あふれるカーアクションのメイキング映像が公開された。

 今回公開されたのは、モロッコ・カサブランカで撮影されたシーンの撮影風景。イーサン・ハント(クルーズ)が運転するBMWが、敵の乗ったバイクの追撃を受けながら狭い街道を猛スピードで駆け抜け、アクセル全開のままバックで建物の柵を突き破り、そのまま落ちていく、というド派手なカーアクションが繰り広げられる。「横滑り防止装置はすべてオフにした」とスタッフが証言する通り、BMWがカメラすれすれにドリフトし、撮影クルーが大慌てでよけるなど、撮影現場の緊張感を余すところなく伝えている。

 クルーズ本人によるスタントは本シリーズの最大の売りともいえるが、上空1500メートルを時速400キロで飛行中の軍用機の外扉にしがみつくアクション、6分以上にも及ぶ潜水アクションに続き、このカーアクションも、当然クルーズ自らが挑戦した。ハントの相棒・ベンジー役として助手席に座ったサイモン・ペッグは「すごく狭い路地を全速力で駆け抜けた」と撮影時を興奮気味に述懐。映像では、不安げな顔で「全然怖くなんかない」と言うペッグの様子も収められている。一方、プロ顔負けのハンドルさばきを披露したクルーズは、危険な撮影にもかかわらず「サイモンの演技は最高だ。僕は常に笑わされていた」と余裕の表情を見せる。

 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」は、IMFを壊滅に追いやられたハントとその仲間が、世界各地で起こった事件の裏で糸を引く無国籍スパイ組織「シンジケート」の野望を食い止めようと孤軍奮闘するさまを描く。「ユージュアル・サスぺクツ」(95)でアカデミー賞脚本賞に輝いたクリストファー・マッカリー監督がメガホンをとり、ビング・レイムス、ジェレミー・レナー、アレック・ボールドウィンらが出演。8月7日から全国公開。