写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の伊藤英明が主演する映画『テラフォーマーズ』(2016年GW公開)の特報映像が31日、初公開された。

本作は累計発行部数1,200万部を突破した同名漫画を原作に、準備に約2年を費やしてようやく実写化が実現したSFアクション映画。未来の火星を舞台に、人型に進化したゴキブリ「テラフォーマー」とそれらを駆除するために特殊能力の手術を受けた人々との戦いを描く。本作の重要な役割を担う宇宙船のセットは製作に約1億円を投じ、3カ月間をかけて原作の世界観を忠実に再現しているという。

今回公開された特報映像では、その宇宙船の内部の様子が初公開。さらに、「500年後、異常進化してしまったその生物を駆除するために何も知らない15人の日本人が火星に送り込まれた」というナレーションに続き、画面の端には最強・最悪の敵「テラフォーマー」が姿を現す。

さらに、映画公開に向けたさまざまな企画も展開されており、見る角度によって火星が地球化(テラフォーミング)する特別版ポスターが8月1日から一部の劇場に設置されるほか、公式サイトではある時間になると「テラフォーマー」が現れる仕組みになっているとともに、映画の設定2599年にちなんで限定2599枚の"テラフォーマー"版チラシが配布される。

本作でメガホンをとるのは『クローズZERO』(2007年)、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』(2014年)など人気漫画原作の実写化を多く手がけてきた三池崇史監督。キャストは伊藤英明のほか、武井咲、山田孝之、小栗旬、山下智久、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラらの出演が決定している。

撮影は現在大詰めを迎えており、2016年2月の完成を予定している。

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会