「ペット」は2016年公開

写真拡大

 現在大ヒット中の「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びコラボレーションする長編アニメーション「ペット」が、2016年に公開されることが決定し、特報映像がお披露目された。

 ペットたちは、飼い主の留守中に何をしているのか。誰もが一度は考えたことがあるだろうペットの“ヒミツ”の日常を、「怪盗グルーの月泥棒 3D」と続編「怪盗グルーのミニオン危機一発」監督で、「ミニオンズ」の製作総指揮クリス・ルノーが描く。「怪盗グルー」の2作でプロダクションデザイナーを担当したヤロー・チェイニーが、共同監督を務める。

 特報映像は、飼い主たちが出かける場面からスタート。玄関の前で主人の帰りをけなげに待つ忠犬から、キャットフードよりも冷蔵庫の中のチキンを食べたくて仕方がないネコ、電動泡立て器で全身をマッサージするミニチュアダックスフンド、メタルロックにあわせて“ヘドバン”するプードルといった個性的なペットたちが登場し、ユニークなストーリーに期待が高まる。