イーサン・ホークがドローン操縦士に (C)2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC
 ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 イーサン・ホーク主演で、米軍無人戦闘機ドローンと2001年の9.11同時多発テロ以降の対テロ戦争の知られざる真実を暴く「ドローン・オブ・ウォー」の予告編が、このほど公開された。

 「6才のボクが、大人になるまで。」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたホークが、「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督と約20年ぶりにタッグ。遠隔操作で空爆を行う現代の戦争の恐るべき実態と、米国内にいながら“戦地”と家庭を行き来するドローン操縦士の異常な日常をリアルに映し出し、戦場に赴かずしてPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えた兵士の苦悩をあぶり出す。

 米空軍のトミー・イーガン少佐(ホーク)は、ラスベガスの基地内に設置されたコンテナの中から、無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロメートルあまり離れた異国でのミッションを遂行している。そして1日の任務を終えると、車を走らせ美しい妻モリーとふたりの幼い子どものもとに舞い戻るという毎日を繰り返していた。

 予告編では、人を殺害するミッションでありながらテレビゲームのように現実味が乏しく、民間人をも巻き添えにしてしまうドローン戦に、主人公が神経をすり減らしていく様が生々しく描かれる。自らの命を危険にさらすことなく、毎日家族に会えるものの、時に無関係な子どもの命さえ奪ってしまう任務に葛藤(かっとう)する様子が克明に刻まれ、異様な現代の戦争の実態が浮かび上がる。

 「ドローン・オブ・ウォー」は、10月上旬から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で順次公開。