アップルが最近取得した特許から、新しくリリースが噂されている新型Apple TV用のリモコンに、iPhoneなどに搭載されている指紋認証センサーのTouch IDが搭載される可能性があることが判明しました。

個人の識別に重点

Apple TV
iPhoneやiPadに搭載しているTouch IDでは、指紋による端末のロック解除が可能となっていますが、新型Apple TV用のリモコンでは「誰がApple TVを見ているのか」を識別するために利用されるようです。これにより、Apple TVを視聴する人の好みの音量や画面の明るさ、お気に入りのチャンネルなどの設定情報をカスタマイズし、直ぐに反映させることが可能になるようです。

もちろん、パスコード認証や購入も可能

もちろん、リモコンにTouch IDを搭載することにより、チャンネルを視聴するためにパスコードが必要な場合には、通常のTouch IDの操作で簡単に認証が可能になります。

HomeKitにも活用

Apple TVはアップルのスマートホーム向けのプラットフォームである、HomeKitのハブになるとも予想されていますが、リモコンにTouch IDを搭載することで、HomeKitに対応した機器やアラームのオンオフなども可能になると考えられます。

故ジョブズ氏も「Magic Wand」と呼んだリモコン

故スティーブジョブズ氏も生前のインタビューで、新たなApple TVのリモコンは「可能な限りシンプルなインターフェイスを実現する」と述べていました。このことから、新型Apple TVでは画面の拡大や縮小、キーボードの利用、画像の編集、そしてゲームなども可能になると予想されており、リモコンはジェスチャー操作が可能な「Magic Wand(魔法の杖)」のようになると表現されていました。
 
新型Apple TVはこれまでリリースの噂は絶えませんが、ジョブズ氏の生前から開発が進められているにも関わらず、いまだリリースされていません。今年中には新たなMagic Wandリモコンを搭載したApple TVがリリースされるのでしょうか?
 
 
Source : Cult of Mac
Photo : Robert S. Donovan, Patently Apple
(リンゴバックス)