マーリンズ・イチロー【写真:田口有史】

写真拡大

「右中間で信じられないキャッチ」

 マーリンズイチロー外野手が24日(日本時間25日)の敵地パドレス戦で見せたスーパーキャッチが地元メディアに大絶賛されている。

 「1番・ライト」で先発したイチローは、初回の第1打席に四球で出塁。二盗を試みて、1度はアウトとジャッジされた。しかし、チャレンジで判定が覆り、現役メジャー最多となる496個目の盗塁に成功。その後、ボーアのタイムリー二塁打で先制のホームを踏んだ。

 そして、最大の見せ場は、その裏の2死走者なしの場面で訪れた。強打者マット・ケンプが右中間に大飛球を放ったが、イチローがスーパキャッチで阻んだ。

「すごくいい当たりだ。イチローが追う、(グラブを)伸ばす、捕った! イチローは壁に激闘したが、離さない。右中間で信じられないキャッチだ。41歳の男がいまだに大仕事を成し遂げます。これがゴールドグラブ10回受賞のイチローです」

 マーリンズの本拠地マイアミでテレビ中継を行った「FOXスポーツ・フロリダ」の実況は、我を忘れるほど興奮した様子で伝えた。イチローは衰え知らずの韋駄天ぶりで強烈なフライに追いつくと、キャッチに成功。その勢いで倒れ込みながらフェンスに激突したが、ボールは離さなかった。

敵地メディアも称賛、「イチローの怪物級キャッチ。エクストラベースヒットが取られた」

 サンディエゴで放送している「FOXスポーツ・サンディエゴ」の実況も手放しで称賛している。

「フェンスの手前で偉大なランニングキャッチだ。41歳はいまだに(あの打球に)追いついてキャッチします。ライトでイチロー・スズキの怪物級のキャッチ。エクストラベースヒットが取られました」

 敵地メディアも称える美技は、マーリンズも公式ツイッターで紹介。「そして、これがイチローがゴールド・グラブ賞10度手にした理由だ」というメッセージとともに、華麗なキャッチの動画を貼り付けている。
 
 ルーキーイヤーの2001年からマリナーズで10年連続ゴールドグラブ賞を手にしたイチローの鉄壁ぶりを、現地メディアは大絶賛。ただ、スーパープレーで沸かせたレジェンドはその後、2度のチャンスで凡退するなど4打数無安打に終わり、試合も1−3で敗れた。波に乗り切れない打撃でも存在感を示したいところだ。