naku2

写真拡大

ジブリの人気アニメーション作品『火垂るの墓』を観た外国人が、あまりにも悲しすぎる内容だったため、号泣している動画が話題となっている。

・兄と妹が死に至るまでの物語
『火垂るの墓』は日本の戦時中を描いた作品で、兄と妹が死に至るまでの物語となっている。ご存知のとおり、ハッピーエンドとは言いがたい悲惨な終わり方をする物語で、視聴した外国人が号泣しているのである。

・誰もが泣いてしまうシーン
妹の節子が栄養失調で死んでしまうシーンは「誰もが泣いてしまうシーン」と言われているが、そのポイントは全世界共通のようだ。皆さんも、改めて『火垂るの墓』を観てみてはいかがだろうか?

ちなみに、日本では定期的に『火垂るの墓』が放映される。2015年も8月に放映される予定である。

https://youtu.be/bKjf2b0qzNY

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/23/hotarunohaka-2/