2歳の誕生日を迎えたジョージ王子/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

バッキンガム宮殿のギフトショップが、7月22日に2歳になったジョージ王子の誕生日を記念して、幼児向けプレゼントの販売を開始したと英紙デイリー・メールが伝えている。

【写真を見る】ギフトグッズ業界や玩具業界もジョージ王子人気にあやかりたい?/写真:SPLASH/アフロ

着ている服や類似した服が飛ぶように売れ、子ども服界に経済効果を与えているジョージ王子だが、今度はギフトグッズ業界や玩具業界もジョージ王子人気にあやかろうとロイヤル気分になれるプレゼントの数々を売り出した。

宮殿のギフトショップに並んでいるのは、300ポンド(約58000円)のロッキングホースや80ポンド(約15000円)のテディベア、35ポンドの王冠の形をしたニット帽(6800円)、ぬいぐるみの犬が載った80ポンドの木製の押し車など。

いずれも流行に左右されない昔ながらのクラシカルな玩具たちで、ロイヤルファミリーの伝統的な邸宅に似合うデザインになっているという。また、100ポンド(約19300円)の木製のミニチュアのお城や、王冠を被った馬や犬のイラストがあしらわれたベビー用の食器セットなどもある。

英紙デイリー・メールによれば、ジョージ王子は、誕生してまだ2年だが、他の王室メンバーの誰よりも多い数のプレゼントをもらっているという。昨年の誕生日には、ウィリアム王子夫妻が王子ジョージへのプレゼントを送付しないように一般の人々に呼びかけたほどだった。

2014年の1歳の誕生日にジョージ王子が公式に受け取ったプレゼントの数は800個だったという。これらのプレゼントはほとんどチャリティー団体に寄付されたそうだが、ウィリアム王子夫妻は、デザイナーブランドの子供服など数点をキープしたと言われている。【UK在住/ブレイディみかこ】