【米国はこう見ている】地元メディアが注目した“イチロー愛” 超美技の41歳迎えた同僚の反応とは

写真拡大

「アメイジング」だったスーパーキャッチ

 マーリンズイチロー外野手が、24日(日本時間25日)の敵地パドレス戦で初回にスーパーキャッチを見せた。直後にダグアウトで同僚から祝福されるレジェンドの姿を映し出した地元メディアは、マーリンズの選手たちが抱く“イチロー愛”について紹介している。試合はマーリンズは1−3で敗れた。

 超美技が飛び出したのは、1回2死走者なしの場面。パドレスの主砲マット・ケンプの右中間への強烈な当たりを、イチローは懸命に追いかけた。最後はグラブを伸ばしてランニングキャッチし、倒れこむようにしながらフェンスに激突。スーパープレーを見せたイチローは、チームメートからの歓待を受けた。

 先発のダン・ヘイレンがダグアウト前で待ち構え、笑顔でタッチすると、同僚が次々に寄ってくる。そして、長打を阻んだ殊勲者とハイタッチを繰り返した。

 地元マイアミでテレビ中継していた「FOXスポーツ・フロリダ」では、2回表のマーリンズの攻撃の場面でスーパーキャッチのリプレーを流し、あらためてレジェンドの妙技を絶賛した。

 実況が「41歳の未来の殿堂入りする男のこのキャッチはどうですか?」と語ると、解説者は「アメイジングですよ。この(試合開始)20分間で、イチローはいい打席で四球を選んで、盗塁して得点して、最高なキャッチを決めました」とコメント。1回の攻撃で四球を選び、盗塁を決め、先制のホームを踏んだことも含めて、試合序盤のイチローの活躍ぶりを称えた。

「イチローと一緒にトレーニングし、プレーするのは信じられないこと」

 また、実況は同僚の反応についても紹介している。

「イチローに対する愛情であふれています。ダン・ヘイレンもダグアウト前で待っていました。みんなイチローを称えるために盛り上がっていました。彼らはイチローが大好きです。スプリングトレーニングの初日から選手から見て取れましたね。

 彼はこのチームにも、(去年の)ロースターの選手ともつながりはありませんでした。少しばかりの謎とともにやってきましたが、彼と一緒に過ごすことはチームの楽しみであり続けています。一緒にトレーニングし、プレーするのは信じられないことのようです」

 実況は、メジャー15年目の今季、3球団目となったマリーンズでイチローがいかに愛情を注がれているのかを説明した。

 この試合でメジャー歴代単独38位の496盗塁を成功させた百戦錬磨のイチローは、野球殿堂入りを果たすことが確実視されている。そんなレジェンドとの共闘は、若い同僚に大きな影響を与えているという。かつては孤高のイメージもあった名手だが、チームメートやスタッフから惜しみない愛情を注がれているようだ。

 イチローは4打数無安打1得点1四球1盗塁という内容で、終盤には2打席続けて好機に凡退した。チームは敗れ、打率2割4分9厘と打撃は波に乗り切れていない。だが、同僚はレジェンドのプレーに心から敬意を表している。