『リアル鬼ごっこ』の篠田麻里子が夏祭りのトホホネタを披露

写真拡大

園子温監督作『リアル鬼ごっこ』の大ヒット舞台挨拶付き夏祭りイベントが、7月25日に新宿ピカデリー1で開催。トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜が浴衣姿で登壇した。トリンドルは「和モダンな感じ」、篠田は「女の必需品の鏡とリップ(の模様)」、真野は「うなじを出してみました」とそれぞれのポイントをアピールした。

【写真を見る】トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜の艶やかな浴衣姿の全身ショット

夏祭りの思い出についてクロストークをした3人。トリンドルは「私は小学生の頃、盆踊りが大好きで、ずっと踊ってました」と笑顔でコメント。真野は「浴衣を着せてもらってルンルンだったのに、水アメで染みを作ってしまい、すごく怒られた記憶があります」と苦笑い。

篠田は最初に、お祭りのくじ引きで1等賞の20万円を当てたという話で会場を驚かせた後、追加で、去年の夏祭りの残念なエピソードを披露。「射的の景品に私のカレンダーがあって。一生懸命やったけどなかなか当たらなくて。そしたら店員のおばあちゃんが『何でこんなの欲しいの?300円くれたらあげるよ』と言われて、買いました」と告白し、会場の笑いを誘った。

会場で3人は、夏の風物詩のヨーヨー釣りも行い、それを抽選で観客にプレゼントし、イベントは大いに盛り上がりを見せた。

『リアル鬼ごっこ』は、園子温監督が、山田悠介の人気小説を、独自の視点から映画化した異色作。小説の設定を変えてトリプルヒロインを迎え、命をねらわれる女子高生たちの逃亡劇を描く。【取材・文/山崎伸子】