浴衣姿で舞台挨拶に立った(左から)
篠田麻里子、トリンドル玲奈、真野恵里菜

写真拡大

 映画「リアル鬼ごっこ」に主演したタレントのトリンドル玲奈、篠田麻里子、女優の真野恵里菜が7月25日、「夏祭りイベント」と題した御礼舞台挨拶を公開中の東京・新宿ピカデリーで行った。

 3人は夏らしく思い思いの浴衣姿で登場したが、お気に入りのポイントを聞かれたトリンドルは「考えておかなきゃいけなかったですね」とオトボケ。それでも、「久しぶりなんですが、やっぱり夏は浴衣を着なくちゃって思いますね。お祭りに行ってみたい」と笑顔を見せた。

 篠田は「手鏡にリップといった、女の子の必需品を詰め込んでみました。これと同じリップをつけているのがポイントです」とアピール。浴衣は今年初めてだそうで、昨年の夏祭りに行った時の思い出を披露。「射的の景品に私の、どちらかといえば公式でないカレンダーがあって、なかなか当てられなかったら店のおばちゃんに『なんでこんな物欲しいの? 300円であげるよ』と言われゲットしました」と話し、会場の笑いを誘った。

 涼しげな薄い黄色の浴衣に身を包んだ真野は、「うなじを出してみました。かんざしも初めてさしました」と満足げ。「今日、電車に乗っていたら浴衣のカップルがいて、浴衣デートにあこがれました。男性の浴衣って素敵ですよね」と思いをはせていた。

 「リアル鬼ごっこ」は、累計200万部を超えるベストセラーで過去に5作が製作された人気シリーズを、園子温監督がオリジナルで脚色。全国の女子高生が正体不明の何者かに追われる恐怖をノンストップで描く。